« 由緒ある世界史に夢中 | トップページ | 待ち焦がれたジョギングの研究報告 »

使える日本史の達人

良い成績と高い給料、生活の安定というものは正の相関があるのだろうか?「一生懸命勉強して良い成績をとりなさい。」私たちは親からそう言われ続けてきました。親たちにとって、子供に良い教育をうけさせることは人生の目標でした・・それで子供が幸せになれると信じていたから。良い成績と良い会社、そして、会社での出世が人生の目標でした。そして、働くことに強い誇りを感じている。しかし、教えられたとおりの人生を歩んできたのに、安定も成功もどこにもないことに愕然とする。自由な生活ばかりでなく、老後の保障もどこにもないのだ。学校教育での成功は、実社会での成功へのパスポートではない。親たちの時代のアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、もう「学校に行って安定した仕事に就きなさい」と安易にアドバイスすることはできない。今、私たちは新しい指針を必要としている。日本史に、あなたが必要となる指針のヒントがあります。


« 由緒ある世界史に夢中 | トップページ | 待ち焦がれたジョギングの研究報告 »