« 使える日本史の達人 | トップページ | 永遠の定番!健康維持に夢中 »

待ち焦がれたジョギングの研究報告

大学に行ったら良い給料と高い地位を得られるというのは本当だろうか?大抵の人は親から、一流大学に行って、良い成績をとり、大会社で良い給料をもらうことが成功の秘訣だと教えられてきました。子供たちに良い教育をうけさせよう・・・それが親たちの子供に対する愛でした・・・それで子供が成功できると信じていたから。資格を取り、大手に就職し、上を目指してひたすら働き続ける。そして、一生懸命働くことは良いことだと信じている。しかし、教えられたとおりの人生を歩んできたのに、安定も成功もどこにもないことに愕然とする。老後の資金の保証がどこにもないのだ。いい教育を受け、いい成績を取るのは成功へのパスポートではない。親たちの時代のアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。私たちはもう、学校での成功と社会での成功を別物とアドバイスしなければならない。今、私たちは新しい指針を必要としている。ジョギングに、ヒントを隠しておきました。


« 使える日本史の達人 | トップページ | 永遠の定番!健康維持に夢中 »