« 待ち焦がれた世界史を全部解説 | トップページ

今までになかった日本史を賢く使う

いま学校で、子供たちが実社会に出るための準備が充分なされているだろうか?「一生懸命勉強して良い成績をとりなさい。」私たちは親からそう言われ続けてきました。親たちにとって、子供に良い教育をうけさせることは人生の目標でした・・それで子供が幸せになれると信じていたから。学校では優等生を目指し、良い会社での就職を目指し、就職してからはひたすら出世を目指しました。そして、一生懸命働くことは良いことだと信じている。しかし、教えられたとおりの人生を歩んできたのに、安定も成功もどこにもないことに愕然とする。老後の資金の保証がどこにもないのだ。学校教育での成功は、実社会での成功へのパスポートではない。過去のアドバイスは、現在では大きな間違いかもしれないのだ。今の時代では、「良い成績を取って、会社に就職しなさい」と簡単にアドバイスできない。今、私たちは信頼できる新しい真実をみつけなければならない。日本史には、参考となるヒントが隠されています。


« 待ち焦がれた世界史を全部解説 | トップページ